夫婦

生前整理をしておくメリット|専門業者に依頼しよう

最後をよりよく迎える

作業員

エンディングノートを活用することで、自分自身の人生の振り返りにもなり、家族への負担を少なくすることができます。生前整理をすることで物の整理のみではなく、周りへの感謝も伝えるよい機会となるでしょう。

老後を快適に過ごす

男女

生前整理とは、生きているうちに自分の財産や所有物を整理しておくことです。死後、相続などの問題で家族に負担がかからないように、また自分の老後を必要な所有物だけで快適に過ごすことができる、というメリットがあります。

元気な内に整理を

シニア女性

業者に依頼

医療の進歩は目覚ましく、平均寿命の年齢もどんどん高くなってきています。高齢者も多く、自分が元気な内に身辺を整理しておきたい、という方も増えています。終活などという言葉もでき、生前整理を請け負ってくれる業者もたくさんあります。生前整理とは、生きている間に持ち物や財産を整理しておくことを言います。家の片付けや財産の整理、葬儀のやり方や遺影の用意など、他にも色々な事をしておきます。生前整理の大きな目的は、遺された家族の負担を減らすということではないでしょうか。遺品整理を業者に依頼するという方法もありますが、本人が亡くなってからの遺品整理は何かとトラブルも多く、できたら生前整理をしておいた方が本人も家族も安心です。生前整理を全て自分で行うのは、とても大変なことです。遺品整理や生前整理を専門としている業者に依頼するのが賢明です。業者に依頼する場合、気になるのが料金です。業者によって料金は違いますが、あまりに安すぎるところは要注意です。後から追加料金などを請求される場合があり、最終的に高額な料金にということになりかねません。よくある料金形態は、基本料金に片付け料、オプション料が追加され、そこから不用品買取額を引いた金額というものが多いです。部屋の広さや物の多さなどによっても違いますので、何社からか見積もりをとって比較検討すると良いでしょう。良心的な業者なら、安く抑えるにはどうしたらよいか、などの相談にも乗ってもらえます。

遺品は自分で整理する

部屋

心置きなく余生を過ごすため、また、残す家族に迷惑をかけないために、生前整理は大切なことです。もし何から手を付けていいか分からない時や、自分だけではなかなか思い切ってものを処分できない時は、生前整理の専門業者に依頼すると、作業が効率よく進められます。